Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

今更人に聞けない日本語

 よーやく週末ですなぁ。今週は長かった。

 「親展」って書いてある個人宛に届く封筒って、「親」って言葉から勝手に解釈して、なにやら親しげな雰囲気の書類なのかと思い、軽くわくわく感なんぞ持ちながら開けたりしていたのだけど、ふと思いついてさっき辞書で調べたら、全然違う意味だった。

しんてん 【親展】

〔「親」はみずから、「展」はあけるの意〕手紙・電報などで、あて名の者が自分で封を切って読んでほしいという意味で使う語。親披(しんぴ)。

goo 辞書 より


 そーだったのか!これって常識ですか。

 そもそも個人に届く封筒なんかは他人が開けたら罰せられるはずなので、親展て言葉自体意味ないんじゃないかと思うのだけど、どうなんだろう。とにかく人に気づかれる前に自分で気づいてよかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus