Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ブログ:ブログは家族に読まれるのが幸せか否か

 ここ最近、取り付かれたようにブログ更新をしているわけなんだけども、さりげなくアピールしてるのに妻に読んでもらえないブログはブログとしてどうなのよ。

 身近な人すら読んでもらえないブログは、ネット上の人々にとってもつまらないのではないのか?という話。

 自己満足で書き殴っているので、見てもらわなくてもまぁ支障はないのだけど、客観的にチェックしてくれる人が1人身近に居ると助かる。

 「最近たくさん更新してるんだよ」とか「ねぇ、この写真面白くない?」など、たまにノートパソコンを向けて、ネネ(妻)にブログを見てもらおうとさりげなくアピールしているのだが、こんな風にネネのことを書いても何の反応も示さないということは、全く持って僕のブログには無関心だと思われる。

 それはそれで好き放題掛けるから理想っちゃー理想なんだけど、何かさびしい。

 そんなわけで、世界の人々に対しての読者を増やすよりも、一番身近な人を読者へと引き込む為に躍起になっている今日この頃なのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus