Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

雑記:音楽ジャンルの新規開拓

 さすがに疲れていたのか、今日はまぁまぁ良く寝れました。久しぶりに7時間ほど睡眠。それでも7時間。

 ここ最近は、4,5時間睡眠が当たり前のようになってました。ここだけの話、先週は、昼ご飯後、ぶっ倒れるくらい眠く、トイレの個室で10分くらい寝てたりしてました。きっとこの業界関係者は誰にでも経験があるはず。そんなこと無い?

 この時間まで寝てしまうと、もう出社の時間になってしまい(今、AM6:30)ブログを書く時間がありません。でもなんとか一気に書きます。時間との挑戦。10分くらいでなんとか。

 昨日は、ネネと娘が実家に2時間程帰ったので、息子と僕でお留守番。息子を抱っこしながら、Youtubeで新しいHR/HM(ハードロック、ヘビーメタルの意)のリスニング候補を物色していました。

 新生児を抱っこしながら、ヘビメタを聴かす。これも幼児教育、英才教育、胎教(もう遅いか)の一環です。HR/HM好きの息子に育て!と言う願いを込めて。

 とりあえず昨日聴いていたのは、 mixiの方に勧められた、"Within Temptation"、"Nightwish"、"Evanescence"あたり。女性ヴォーカルのゴシックメタルや、シンフォニックメタルといわれるジャンルのメタルバンドです。

 "Within Temptation"はジャンル的にゴシックメタル。"What Have You Done"は、なかなか良かったです。

 僕としては、ギターリフとか、バッキング要素がないとイマイチ楽曲を楽しめないので、上記の曲が一番良かったです。そういう観点からすると YoutubeにUPされていた中では、"The Howling"も良かったです。ギターの音が全く聞こえてこないオーケストラのみの曲はちょっと僕的には辛かった。もうちょっと聴き込めばよくなってくるのかもしれない。

 結局僕の属性としては、ギタリスト中心にバンドを考えてしまうので、いかしたギターリフが入っていない曲はなんとなく単調に感じてしまいます。

 また、バタ臭い、直球的なクラシックとの融合は好きでないので、かの「イングヴェイ・マルムスティーン」は、なぜか生理的に受け付けません。はっきり言うと、嫌いです。好きな方ごめんなさい。クラシックと絡めるなら、もっと自然な融合が良いです。

 で、今のところ、"Nightwish"が気に入ってきました。一枚アルバム買おうかと思ってます。

 しかし、Wikipediaを見る限り、(ナイトウィッシュ - Wikipedia)Nightwishは世代交代がかなり激しい。どこから買うか迷うところです。

 やっぱり一代目のヴォーカルが魅力的でカッコイイと思いました。ターヤ・トゥルネンの脱退はかなりの大きな穴だと思われます。2代目の評判は果たしてどうなのだろう。

 よし、こんなもんだろう。短時間だとこれが限界。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus