Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ウェブ:Twitterが面白すぎてやばいかもしれない

 おととい辺りに入会した、twitterって言うネットサービスにはまってしまい、やめられません。中毒性があります。mixiと同じで、またもやパンドラの箱を開けてしまったのかもしれない。ネットに繋いでるときは常に同時進行してやっています。これはちょっとやばいかもしれない。

 入会はここから。

http://twitter.com/

 外国のサービスですが、使うのは比較的簡単です。以下、どんなものか紹介したいと思います。やり始めたばっかりなので、多少説明および解釈が違う可能性もありますが、とにかく楽しさだけは伝わったらよいなと思ってます。

 もしかしたら、こっちの方がうまく説明してるかもしれないので、先にリンク貼ります。

Twitter - Wikipedia(ウィキペディア)

 まずはAccoutを作成します。作るのは簡単です。

 アカウントを作成したら、おもむろにログインして、今何してる?って聞かれるので140文字以内で、適当な独り言をつぶやき続けます。

Twitterのインターフェイス
Twitterのインターフェイス

 「おはよう」でも「おやすみ」でも、「仕事辛い」とか、「眠い」とか、そんなのでOKです。

 それと同時に「Public Timeline」を見て、日本人を探します。もしくは、特定のお友達を知っている場合は、「Find & Follow」でお友達を探します。

 なんとなく気が合いそうな発言をしている人を発見したら、その人のIDのリンクをクリックして、「Follow」ボタンを押します。そうすると、相手の発言が自分の発言と一緒に混ざります。これで双方の独り言が共有されたことになります。

 相手には、Followされたことが分かるので、僕のプロフィールか最新の発言をみて、まー直接話しても良いかなと思うと、Followersとして登録してもらえます。Followersの関係になれば、好きなときに相手に突っ込みを入れることが可能になります。まぁ、この辺はまんまチャットですね。

 Followする相手は、あまり躊躇しないで、どんどんやっていきます。相手側もそれを想定してある程度受け入れてくれます。おとといから初めて、適当に選んだ人に対し、22人にFollowを掛けたんですが、すでに20人から、Followersの許可を頂いてます。まーまー盛り上がって参りました。

 使い方は自由です。永遠に独り言をつぶやくのもOKだし、人の独り言からキーワード見つけて検索掛けてみたり。自分が知らない単語がたまに出てくるので、そういうのは即検索掛けます。それだけでも、世界が広がり、視野が広くなります。

 あとは、気が会いそうな人に対しては、「@なんちゃら」って人のIDを入れて、ダイレクト的なメッセージを送ります。これで、直接話す事が出来ます。

 全然面識ないし、適当に選んだ話相手なんですが、返事が帰ってくるととてもうれしいです。「仕事大変だね」→「ありがとう」なんて、ゆるいコミュニケーションしてます。

 楽しさが伝わったかは分かりませんが、今日まで使ってきた感想は、しばらくやっていれば何かが起きそうと言う事です。その点、mixiと同じワクワク感があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus