Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ネタ:彼女と共に実家で初めてのお泊り

 今日は、彼女と一緒に僕の実家にお泊りしました。土日での一泊旅行です。僕の両親には、すでに彼女を紹介していますが、お泊りさせるのは初めてです。

 彼女は、「なぐの両親の家に行けるのは、いつも楽しみだわ。早くご両親と遊びたい。」なんて言ってくれます。彼女と僕の両親とは、なぜかとても気が合うようです。彼女の年齢と僕の親の年齢差からして、ちょうど、じじばばと孫くらいなのですが、まるで血がつながっているかの様に僕の両親と溶け込んでくれます。これはありがたいです。

 当然、彼女の親とも公認の付き合いをしています。結婚を前提に付き合いは出来ませんがそれでも快く付き合いを承諾してくれました。彼女の父親とはとても気が合います。言うか、とても他人とは思えず、なにか、一心同体と言う気がしています。

 昨日は、実家に着くなり僕の両親とハグしたりしてました。おいおい、親密過ぎるだろと思いましたが、これが彼女のスタイル。とても外国人ライクな僕の彼女です。

 夕方に到着して、早速夜ご飯を頂きました。僕の母親は、今、押し花のインストラクターをしています。50代から始めた趣味が高じて、今は収入を得るまでになっています。自分で言うのもなんですが、母親の美術関連の才能はなかなか光るものがあります。

 昨日も講習を開いていたので、ご飯は適当なのしか作れないと言っていたのですが、さすが元飲食店を切り盛りしているだけあって、あっという間に豪華なご飯が並びました。

 夜ご飯、ありがたく頂きます。彼女は両親と遊んでいるみたいなので、僕はビールをガブガブ飲む。なんて幸せな帰郷なんだろう。癖になりそうです。

 そんな、僕と娘、初めての実家でのお泊りでした。娘は駄々をこねず寝てくれました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus