Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

音楽:Steve Vaiと言うギタリストについて

 ブログとはあんまり関係がないですが、mixiのプロフィール画面を変えてみました。

Steve Vai-style rock guitar solo Mp3song Music Download

 このリンクの下のほうに載っているトリプルネックを操るSteve vaiが痺れるほど格好良かったので、拝借してしまいました。プロフィール画像としては、明らかに大嘘です。(笑)

 一応、今一番興味ある事なので。

 そのプロフィール画像で弾いているトリプルネックのギターですが、下記のYouTubeに演奏している動画があります。

YouTube - steve vai - G3 Denver

 ギターは、特注のトリプルネック仕様アイバニーズ・JEM(JEMシリーズは、スティーヴ・ヴァイのシグネイチャー・モデル)です。上から12弦、6弦(アームつき)、フレットレスのサスティナー付き、と言うトリプルネックになっています。サスティナーと言うのは、エンドレスに音の伸びを得られる仕組みです。電池駆動で動きます。

 奇抜さに目が行きがちですが、注目すべきは変態的ともいえる奇抜なギターではなく、きちんとした必然性があって、このギターの仕様になっていると言う事です。上記の動画を見てみると、きちんとトリプルネックそれぞれの特徴を生かしたパートがある曲に仕上がっています。

 ちなみにハート型のトリプルネックも所有しているようです。画像が使用できるか不明なのでいちいちリンクなのが面倒くさいですが、下記のブログに写真が載っています。

Yahoo!ブログ - 理容師ギタリスト& スザンヌ&熊田曜子 &リアディゾン

 このギター、左側の2本は良いんですが、右の1本は一体どうやって弾くのだろう。そう思い映像を探してみたらYouTubeで見つけました。


YouTube - Steve Vai in Bucharest, Part 12 : Fever Dream

 右側の1本の使い方がようやく分かりました。オープンコードチューニングで、基本的には全く抑えていないみたいです。調べてみたら、上記のギター、プロモーション用で作った見た目重視の一品の様です。つまり、元々実用性なんて全然無かったのですが、それをスティーブ・ヴァイに使わせたら、見事に弾きこなしてしまった、と言うことらしいです。

 このギター、立って弾くのはめちゃくちゃ重たそうなので、もう殿堂入りになってしまっているみたいです。座って弾けないのはギターとして致命的ですね。

 スティーヴ・ヴァイは、ミクソリディアン・スケールを使うことで有名です。このスケールこそがすなわちヴァイのテイストと言って間違いないです。琉球音階でだらだら弾いていると、なんとなく沖縄気分を味わえるのと同じように、ミクソリディアン・スケールをだらだら弾いていると、なんとなくスティーヴ・ヴァイの雰囲気が味わえます。

 音楽理論的な事は難しくて全て理解していませんが、ギターにはスケール表というものが存在しますので、ミクソリディアン・スケールのスケール表を見ながらだらだらと音をだします。

「ミクソリディアン・スケール」「メジャー・スケール」「ロクリアン・スケール」

 この辺りとか参照。コードはメジャー7th系が裏で鳴ってるともっと気持ちよくなれます。今のうちの環境では出来ませんが。

 ギターはコードが一通り弾けるようになったら、次はスケールを憶える段階に入ります。ここに挫折の壁が待っています。ギターの第一の壁は「セーハ」です。つまりはFコードが押さえられるかどうか。次の壁は、コードを一通り押さえられるかどうかだと思います。今僕はこの辺。大体はコードブックを見なくても押さえられます。その次の壁は、スケールを完全に憶えて、コードに乗せてソロを弾く事です。

 僕は、メジャーペンタトニックとマイナーペンタトニックくらいが完全に憶えてる限界。メジャースケールとナチュラル・マイナー・スケールがちょっと分かるくらい。しかし、構成音をきちんと理解していないので、コードに乗せて弾くとかなり「ちぐはぐな感じ」になります。ここが僕の壁です。

 適当弾きの場合は、ペンタばっかりです。メジャーペンタだと、笑点の曲が弾けます。これが得意です。テッテケテケテケッテッテ。(笑)このスケール練習と構成音を覚えて、コードに乗せて弾けないと、いつまでもコピーバンド止まりです。これがつまり僕ですが。まー、このレベルでも十分ギター弾きは楽しいです。

 スティーヴ・ヴァイについて、色々調べていたら、下記のようなブログに行き当たりました。

下手糞ギタリストが超絶ギタリスト、スティーヴ・ヴァイになりきるブログ

 このブログにはヴァイへの愛が感じられます。しばらく読みふける。3月で終わってしまっているのが非常に残念。ネタ切れなのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus