Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ipod:youtubeからiPodに音を入れ込む方法

 タイトルが長くなりすぎたので圧縮。

 過去、同様の記事をUPしたのですが、洋楽カラオケの記事と一体化して書いてしまったので、もう一度きちんと再編集して見やすく書き直します。

 Youtubeを視聴していて、「あ、これ良いな」と思える音楽に出会うことは良くある事だと思います。

 中には、趣味やプロモーションのために、Youtubeに対して積極的に自ら動画をUPしているアーチストも多々居ます。 ライブ音源とか貴重なやつも取れます。

 そんな動画から音源のみを抜いて、iPodで聴く手順を紹介します。

1.下記のwebサービスを使い、動画から音源を抜く

TubeFire.com
http://www.tubefire.com/
TubeFire

 "TubeFire.com"は、見つけたPVのYoutube VideoIDを入力して、変換したい形式をプルダウンから選びます。具体的には、VideoIDを入力し、".mp3"を選びましょう。そして[Convert]ボタンを押します。

 いくつかボタンを押しつつ、多少待たされます。最近は人気なので、何人か待ちになることも多いです。時間のある方は気長に待ちましょう。最終的に、ファイル名も勝手に"曲名-アーチスト名.mp3"にしてくれるます。指示に従ってボタンを押し、しばらく待っていれば、mp3ファイルをダウンロードするボタンが出てくるので、[ディスクに保存]を選び、自分のPCに持ってきます。

vixy.net
http://vixy.net/
vixy

 "vixy.net"はYoutubeのURLを全部いれます。ファイル名はランダムに生成される為、後で直さなければいけません。その辺が面倒です。

 ただ、"TubeFire.com"が待たされることも多いので、"TubeFire.com"が遅そうだったらを"vixy.net"使っていくと言うのが今のところ一番良いと思います。

2.iTunesへの曲の取り込み

 iTunesへ、さきほど出来上がったmp3ファイルをおもむろに突っ込みます。要は、ドラックアンドドロップです。

3.ライブラリへの統合

 Tunesプルダウンメニューの「詳細」から、「ライブラリの統合」を選択します。この作業をやっておかないと、iPodの曲リストに正式に追加されません。

4.iPodを同期させる。

 ライブラリ化されたのを確認して、iPodを同期します。

5.iPodで聴く

 聴きます。

 昔はPVを探すのが大変でしたけど、今ではよっぽどマイナーじゃなければ大体動画をネットから取得できます。これはiTunesだけあれば出来るので、ぜひ試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus