Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ブログ:ブログを毎日更新する為の14の方法(詳細1?7)

参照:ブログ:ブログを毎日更新する為の14の方法(皮肉あり)

 昨日の続きです。

 1つずつ詳細を書いていきます。今日は初めの7つ、明日は残りの7つを書きます。

常にブログのネタを考えながら生きる

 日常は全てブログのネタです。常にブログの事を考えて生きていきましょう。

 もちろん、遊びも、仕事中も、何かのトラブルやアクシデントも、全ての出来事はブログのネタだと考えます。嫌な事もネタになってラッキーと思い、全てブログ記事に繋げていきます。ある意味前向きです。

 「こんな事、いくらなんでもブログに書けないなぁ」、なんてブログへ載せる情報に禁止ルールを作ってはいけません。人生全てがブログのネタなのです。

思いつかなかった時の為にネタをストックしておく

 ブログ投稿に慣れてくると日に2つ,3つ記事をUPしたくなる時があるんですが、ここは我慢しましょう。

 目的は「毎日更新」ですから、2個目、3個目は、もしもの為にストックしておきます。更新のスランプに陥ったとき、このような余裕を持つことで救われます。

長くなりそうな記事は、数回に分ける

 ブログを書いていて、記事が長くなりそうだなーと思ったら、適当に切って数回に分けてしまいます。

 とりあえず、波に乗っている内に全てを書ききってしまいましょう。それから複数回に分割します。ぶった切る位置は適当で良いです。中途半端に区切った方が逆に読者を惹きつけると思います。

せっぱつまった時は過去記事を引っ張り出してまとめる

 過去にこの方法を何回か使いましたが、1年以上前に投稿した記事に一部加筆したり、取りまとめたりして、一つの記事にします。追加の情報を入れると良いでしょう。

 お題目やテーマを多少変える事で、それが過去の記事のリサイクルとは気づかれにくくなります。

思いついたらすぐアイデアを書き出せる様にメモを持つ

 ブログのネタはいつ何時思いつくか分からないです。なので、常にメモる為の道具を用意しておきます。

 紙のメモにアイデアを走り書きするだけでも効果があります。僕みたいなPCに向かう事が多い職種の方は、もし仕事中であったならば、ささっと書いて、家のアドレス宛にメールを送ってしまうのが良いと思います。こうすることにより、仕事場と家に両方文章が残ります。外出時は、携帯で家のメールアドレスにメールを打つのも良いかと思います。

記事に対する他人の評価は全く気にしない

 これは、他人にとってつまらない記事かもしれないなんて、思わないようにします。記事にコメントなんか付かなくても全く気にしません。

 とにかく、目の前の記事を書くことだけに集中します。コメントが無いって事は、「この文章には誰も異論が無いんだな・・。」なんて、良い方に受け取っていきます。

この記事は、きっとだれかの役に立つ記事だ!と思い込む

 完全に個人的なプライベート日記だとしても、きっとこの記事はだれかの役に立つ、と思い込みながらブログを書きます。

 実際、どんな事が誰の役に立つか分かりません。毎日更新すること自体を参考にしている人も居るかもしれません。

 明日は、残りの7つを書きます。

後続記事:ブログを毎日更新する為の14の方法(詳細8?14)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus