Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

web:Firefoxじゃなく、Google Chrome縛りにしようかと思っている

 昨日からChromeをいじり倒しています。いち早くマスターするためには、ブラウザをGoogle Chrome縛りにしてしまおうかなと思っています。

 理由の一つは、色々触ってみた感じ、やっぱり劇的に早く感じたため。

 ネット自体の速度や相手方のサーバの重たさはどうしようも無いとして、やっぱりブラウザでのレタリングやJavascriptに待たされるのは許せない訳ですよ。ネット接続時間がかなり長い僕としては、これでブラウジング時間の無駄がだいぶ無くなるはず。

 ついこの間、Firefoxアドオンの記事を書いたばかりですが、どの程度Firefoxの便利さが移行できるかという視点でしばらく書いていこうと思います。

 そういえば、さっき気付きました。Chrome自体は軽いのですが、Chromeを使っているとWindows全体で瞬間的に重たい時があります。(今のところ、Chromeが原因かはわかりません。Google Gearsのせいかもしれない。)

 気になって、タスクマネージャーでメモリを見ていたですが、Chromeの方がより多くメモリを食って居る事が分かりました。

タスクマネージャー

 Firefoxさんのメモリー量もなかなかの物ですが、Chromeも負けていません。ここでもブラウザ戦争しちゃってます。(笑)

 まぁ、Firefoxにはアドオンを入れまくってますので、メモリーが多いのは当然かもしれません。

 表示や、作業している事は大体一緒です。(数ページタブを開いて、ブログの編集画面を開いている)

 Chromeはタブが独立したプロセスで動くというのが売りな為、複数のプロセスがそれぞれメモリを確保しています。3プロセス上がってますが、合計するとFirefoxよりリソース食いです。

 おそらく、瞬間的なCPU占有率もかなりなものです。

 Chromeはレタリングやブラウジングを早くしている代わりに、パソコンのリソースもそれなりに使うブラウザの様です。スペックがあまり良くないPCだともしかしたらまともに動かないかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus