Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

大画面iPod Touch、2009年秋デビューの噂だが、誰が買うのだろう

現行ipod touch

 まだ憶測の域を出ませんが、iPod Touchの大画面版が出るらしいです。

これはAppleに近い独立した3つの筋から入った情報だ。2009年秋に大画面iPod touchが出るらしい。画面サイズは7インチまたは9インチ。情報源の一人がプロトタイプに触れており、Appleはアジア圏のOEMと量産について交渉をしているという。

 僕自身は、既に時代遅れの感がある、iPod nano第2世代のユーザーですが、Touchを買うか買うまいか、ずっと迷ってました。iPot Touchの優れたインターフェイスとアプリケーションはもちろんすごく魅力的なのですが、「音楽を聴く」と言う一点に置いては、どちらもiTunesからシンクされるという形式な為、それほどの変化がありません。

 使用機会は主に電車なのですが、視覚を奪われる方向性のデバイスは、読書する時間と奪い合うため、ほとんど使わないんじゃないかと思っています。あんまり関係ない話ですが、携帯についてもwebの契約をしておらず、もっぱら会話するのみです。

 大画面iPod touchは、7インチもしくは9インチのディスプレイとの事ですが、どのようなユーザーに向けてこのデバイスを売り出そうとしているのかイマイチはっきりしないんです。どっち付かずで中途半端なイメージが拭えません。

 第一に、最も基本機能である筈の、外で音を聞くツールとしてはいささか大きすぎます。

 次に、携帯デジタルデバイスとして。でか過ぎて持ち歩きでは使いづらいのではないかと。たとえば電車だと、雑誌や新聞感覚で座席に座るか、立ちながら両手持ちにして使う事になると思いますが、まずディスプレイが高性能すぎて後ろから覗かれまくりですね。保護シートを付ければよいのでしょうけど、タッチスクリーンが効くのかしら。あと、重さにもよりますけど、片手ではずっと持ってられないと言う欠点が出てしまうかもしれません。
 
 モバイルPCとして使うとしても、キーボードが存在しないため、かなり打ち辛いと思われます。それなりに素晴らしい入力デバイスが用意されると思いますが、それでもキーボード入力にはかないません。

 また、折り曲げられない板1枚のフォルムだと、膝の上に置いて、ディスプレイが上向きのまま操作しなければならず、かなりやりづらくなりそうな気がします。あと、これもプライバシーの観点から言って、前面から覗かれる可能性があります。

 もし出るとして、今の印象としてはPDA以上、モバイルPC未満であり、この間に位置するツールの使用ターゲットがどうもイメージできません。

 iPod Touchが、既に獲得している性能と、やらせたい事は既にモバイルPCの域に達しているので、今乱立しているウルトラモバイルPCとの格差をどう見出せるかが今後の課題ですね。

 僕の予感では結局出ないんじゃないかなぁ・・・、なんて思いますが。と、なんだかんだ苦言を呈しつつ、とても期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus