Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ブログの記事をすばやく仕上げる、僕の方法

keyboard

 下記の記事を読んで。とても参考になりました。

≫ ブログの記事を素早く書くための 6 + 1 ステップ | Lifehacking.jp

 ここでは、ブログ記事をすばやく書くための方法として、以下のステップが上げられています。

  1. 書き始める前から内容について考えておく
  2. 特定のフォーマットを利用するようにする
  3. 書きたいことをとりあえずダンプする
  4. 下書きに基づいて清書を行う
  5. 最初から最後まで音読する
  6. 終わり! 投稿しましょう
  7. 文字数を意識する

 実際の詳細はリンクした本文を読んでください。

 僕の場合。

1. まとまった時間を1日の中に作って、誰にも邪魔されない環境を作る。

 僕の場合は、早朝に書くのが一番捗ります。人によっては、夜寝る前の人も居ると思います。細切れに時間を作るのではなく、完全に一人になれて、ブログ記事だけに没頭できる時間を作ります。というか、そうしないと毎日更新出来ません。必要に迫られての事です。

≫ 自分の時間を有功に使いたいなら早朝に時間を作った方が良いよ - 涙目で仕事しないSE


2. これを記事にしようとネタを探すのではなく、思った事は頭の引き出しにそっと入れておくようにする

 最近の傾向としては、「これを記事にする!」と必死になればなるほど、かえって書けなくなるみたいです。そういった、これしかない!と持ち帰って来たネタは、妙な思いいれがあり、きちんと作り出すのにとても時間が掛かります。

 やりかたとしては、何か側線に引っかかった日々のネタや「気付き」などは、そっと脳の引き出しに入れておく程度にしておきます。だれかの文書を読んでそれが引き出されてきた時に色々と結びついてずるずるっと文章が書けると言う場合が多いです。


3. すばやく仕上げてすぐ投稿する系の記事と、じっくり考えて出す系の記事、2パターン用意する

 ブログ投稿の文字数は最低これくらい必要とか、長すぎるからどうだとか、そういうわだかまりは排除してしまい、「どんな長さでも有り」なブログにしてしまいます。面白いニュースに反応する記事は数行かもしれませんし、じっくり考えて書く記事は長文かもしれません。投稿する際、どっちを投稿しても大丈夫なように、バラエティに富んだブログにしておきます。

 要はブログ投稿に関して、ルール制限を出来る限り少なくすると言う事です。これによってテーマは一定しなくなりますが・・・。


4. 下書きはせず、いきなり書く

 下書きをしていたら、その分投稿に時間が掛かってしまいます。ブログの入力フォームで記事が仕上げられるように鍛えておいたほうが良いと思います。多少の誤字脱字、プロットのおかしさは、目をつぶります。日本人同士ならその程度は理解できるはず・・・。言いたい事を出来る限り早く投稿し、伝える方が重要かと。


5. 出来上がった記事を一度読み直したら、とりあえず投稿

 投稿する前にあれこれ読んだりしていると、投稿に対して躊躇してしまうので、書いた文章を一度読み直したらとりあえず投稿ボタンを押して投稿してしまいます。最終的な確認はUPされた後の本ブログを読みつつ何度も更新して直します。作成途中の段階をだれかに読まれてしまうかもしれませんが、とりあえずは気にしない事にします。


6. 投稿の外面はきっちり決めておく

 リンクする時のフォーマットや、画像の見せ方、改行の仕方、引用の仕方などはきっちり決めておく必要があります。特に引用やリンク、画像貼り付け周りは完全にルーチン化して、何も考えなくても出来るくらいにしておくと良いです。

≫ ブログ:フリーソフトとFirefoxアドオンを組み合わせてサイトのキャプチャーから影付き画像を作る方法 - 涙目で仕事しないSE

 ただし、闇雲に自動化してしまうと、逆に自由が利かなくなることがありますので注意が必要です。手動と自動のバランスは大事です。最低でも、最終確認は目で確認できるようにする必要があります。


7. 記事投稿に関する恥や、無駄な憶測を捨てる

 結局これが一番なのかもしれません。「こんな事書いて大丈夫かなぁ」とか、「変な事書いてないかなぁ」とか、「もしかしたら反応ないかもしれないなぁ」、なんて言う投稿前の憶測は全部捨てます。投稿しなければ反応は0。投稿しさえすれば微細でも何かの反応があると考えます。

 全く誰も振り向かなくてもGoogleさんがやさしくキャッシュしてくれます。駄文でもなんでもそれなりに価値はあるのです。


 そんな感じで、今後も駄文を投稿し続けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus