Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ギターと「歌うテスラコイル」装置を使って、稲妻で音楽を奏でる

tesla guitar

 「歌うテスラコイル+ギター」の動画です。

 この稲妻は、音楽に連動して放電している訳ではありません。テスラコイルの放電音を利用して、あくまでもギターから出る信号を基に音楽を演奏しています。

 これは半導体テスラコイルと言われていて、プライマリー側が41KHzの帯域の共振周波数で作動しています。このテスラコイルにコントロールユニットで変調をかけると音の変化が現れるそうです。

 難しい理屈は抜きにして、これはなかなか凄いですよ。バリバリと言う放電音が、ディストーションサウンドに似た、気持ちの良いサウンドを奏でています。

 演奏しているのは、"Merce Death"と言うソロユニットの大野真吾さんです。

≫ Merce Death/メルセデァス
≫ Shingo Ohno a.k.a. Merce Death

 エレキギターを中心として、エフェクター、アナログシンセ、足踏みサンプラーを駆使してソロの演奏を行います。この歌うテスラコイルは、MIDIの信号があれば音が出せるようです。ギターの音源をMIDIに変換しているみたいですね。

 テスラコイルを使って音楽を奏でる試みは、実はこれが初めてではなく、Youtubeを探ってみると色々と動画が出てきます。いくつか貼ります。


キーボード+テスラコイル


元祖?テスラギター


スーパーマリオを演奏

 そして、これをヒントにしたのか、こっちがオリジナルか分かりませんが、つくばみらい市に住む高校2年生(高校生!)の菊地秀人さんが音楽に合わせて青白い閃光が踊る「歌うテスラコイル」を作成しました。

≫ 高エネルギー技術研究室(現在、リニューアル作業中)

 菊地さんは「筑波ベンチャーの未来を担う天才少年」と言う存在で、筑波大学のITベンチャー、ソフトイーサが支援しているそうですよ。高校生恐るべしです。でも、こう言った存在が望まれて久しく、このようなことはとても素晴らしいと思いました。今後の活躍を期待しています。


菊池さんの「歌うテスラコイル」


 『Make』と言う、オライリーが発行する米国のテクノロジー情報誌でのイベントで講演する菊池さん。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus