Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

localhostのタイプミスで、localhsotと打つと飛ばされるサイト

 自分でwebサーバーと構築した際、正常に動作するかどうか確かめるために、"localhost"と入力する事が多々あります。

 このとき、"localhost"を打ち間違えて、"localhsot"と入力してしまった場合、ブラウザのタイプによっては、.comが自動で補完され、下記のサイトに飛ばされてしまいます。リンク先は無害ですので、安心してください。

 » LocalHsot - The (other) LocalHost

 こういう打ち間違いを狙ったいわゆる「タイプミス攻撃」のサイトは世の中に山ほどあるのですが、このサイトの場合、悪意や営利目的が感じられずで、なかなか共感が持てます。

I think that you meant to enter http://localhost/.
 (私が思うに、あなたは、http://localhost/に入るつもりだったのでしょうね。)

 なんて、親切に間違いを教えてくれてます。

 それにしても、localhostのタイプミスを狙うと言う目の付け所がなかなかナイスですね。今時URLを直に書く人なんて居ないと思いますし。その中にあっても、"localhost"は今でも手入力する数少ないURLの一つです。

 僕も思わず、localhostで打ち間違えそうなドメインを取ろうかと思ってしまいました。

 と思って、locahostと打ってみたら、すでに取得済みでした。しかも似たような内容です。

 » This is *not* your LOCALHOST


 蛇足ですが、上記のサイトに張ってあるTシャツ、なかなかクールで素敵ですね。欲しくなりました。

There's no place like 127.0.0.1.
 (自サーバー(= 127.0.0.1)に勝る所はない。)

 と書いてあります。

 これは、通常、下記のように使うみたいです。

There's no place like home.
 (我が家に勝る所はない。)

 日本で言うと、「やっぱり我が家が一番。」みたいな慣用句ですね。

 下記のリンク先で売ってます。

 » ThinkGeek :: There's no place like 127.0.0.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus