Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

拡張現実(AR)技術を使ってレコード盤をスクラッチする映像

AR scratching from vanderlin on Vimeo.

 拡張現実の技術を用いて、レコードの位置と傾きを計算し、スクラッチの音を発生させている映像です。

 元リンクはこちら。

 » Vanderlin | AR Scratching

 レコード盤のラベルの位置に貼られた、ARマーカー(映像内の位置を検出する為の目印)により、3次元空間上の位置を認識します。

 さらに、レコード盤の回転速度の速さも認識して計算し、音へと変換させているようです。この方式を発展させる事により、ターンテーブルがなくてもスクラッチが出来るようになります。

 誰も思いつかない現実拡張への応用が素晴らしいです。こういう発想の転換の積み重ねで、現実拡張はより一般化して行きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus