Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

HTML特殊文字変換など、何かの時に役に立つJavaScriptベースのテキスト変換ツールText utilities

text_utilities.jpg

 知っていると、何かのときに役に立つかもしれない、JavaScriptベースの非常に軽量なテキスト変換ツールです。

 » Text utilities

 見た目はかなり地味ですが、細部まで非常に凝った作りをしています。アプリケーション的にとても優れたツールだと思いました。しかも、クリエイトコモンズ表示がされており、原著作者のクレジットを表示しさえすれば、2次配布も可能です。なんという太っ腹ぶりでしょうか。

 今度時間があったら、自分のサーバースペースにこのツールを置こうかと思います。

 使い方ですが、Inputの入力スペースに貼り付けたテキストをあらゆる方法で変換します。

Geek utilitiesでは下記のような事が出来ます。

  • [Escape Escapes]:以下の退避文字発生("%><[\]^`{|}#$&,:;=?!'()~ and space)
  • [Unescape Unescapes]:退避の解除("%><[\]^`{|}#$&,:;=?!'()~ and space)
  • [Encode URI]:以下の文字をエンコード(%><[\]^`{|})
  • [Decode URI]:以下の文字をデコード(%><[\]^`{|})
  • [Encode URI Comp.]:以下の文字をエンコード(%><[\]^`{|}#$&+,/:;=?)
  • [Decode URI Comp.]:以下の文字をデコード(%><[\]^`{|}#$&+,/:;=?)
  • [Escape XML]:以下の文字をHTML特殊文字に変換("><')
  • [UTF-8 Encode]:UTF-8エンコード
  • [UTF-8 Decode]:UTF-8デコード
  • [Base64 Encode]:Base64エンコード
  • [Base64 Decode]:Base64デコード
  • [UPPERCASE]:大文字化
  • [lowerase]:小文字化
  • [sWITCH cASE]:大文字⇔小文字変換
  • [Camel Case]:単語の先頭のみ大文字化
  • [Title Case]:単語の先頭のみ大文字化
  • [Word Wrap]:入力文字数で改行を入れる。(単語の途中で文字を切らない)
  • [Cut]:入力文字数で改行を入れる。(単語の途中で文字を切る)
  • [Trim]:カーソル行の前後のスペースを消す
  • [Trim lines]:全ての行の前後のスペースを消す
  • [Fix quotes]:以下の様に変換("Let's" => “Let’s”)
  • [Text Statistics]:単語と文字数を数える

 [Escape XML]がHTMLの特殊文字変換です。これはまだ機能の一部です。全ては紹介しませんが、色々試してみると面白いかもしれません。

 使い方が分からない場合、カーソルをボタン上に持っていくと、簡単なヘルプが出ます。もしくは、実際に実行してみるのが一番だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus