Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ウェディングケーキに記述するソースコードは何が良い?

my_wedding_cake.jpg

 この画像は、とある技術者の結婚式で作成されたウェディングケーキの画像です。日本でこれをやると、単なる「マニアック」か「おたく」と言うワードで片付けられがち。

 プログラミングコードのこういう使い方は良いですね。技術者である事に誇りを持ちつつも、飾らないスタイルにあこがれます。

 画像は下記のサイトにありました。

 過去、何度か紹介している、技術者の為のQA掲示板、Stack Overflowからです。

 ウェディングケーキに書かれているコード。

do {
  have_and_hold();
  love_and_cherish();
}until(death==true);

 "have and hold"って言うのが実は良く分からないのですが、持って、保つだから、「末永く(お幸せに)」って事かなぁ。"love and cherish"は、「愛して、大事にして」で、で、締めは「死ぬまで」のdo untilループになってます。

 このスレッドには、その他にもウェディングケーキに記述するためのコードがいくつか投稿されています。

for( ; ; );

 これは、「末永く」ですかね。なるほど。

if (wife.allowsCodeOnCake)
{
    this(nerd).hasFoundTrueLove = true;
}

 妻がケーキにコードを書くことを許してくれたら、(コンピュータおたく)は本当の愛を見つけるでしょう。

/*
* No need anymore, but plz do NOT erase
*
* class Singleton {...}
*/

 何も言う必要は無いよ・・。

# DO NOT EDIT THIS FILE - until death
# (/marriage/crontab.XXX installed on Sat Apr  4 11:26:10 2009)
# (Cron version V5.0 -- $Id: crontab.c,v 1.12 2004/01/23 18:56:42 vixie Exp $)
0 21 * * * unzip; strip; touch; grep; finger; mount; fsck; more; yes; umount; sleep

 cron的記述。訳しませんが、ちょっとアダルトですね。

while( true ) love++;

 僕的には、これがシンプルで一番好きだなぁ。

 他にもありますので、興味のある方はリンク先からどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus