Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

究極の難しさ、正12面体型ルービックキューブ(Twisty Puzzles)

 劇的に難しそうな正12面体で構成されているルービックキューブです。下記の記事より。

 単に面が多いと言うだけでなく、回転させるための層が1面につき4枚もあります。ノーマルなルービックキューブの場合、正6面体で1面につき回転させる部品は1つなので、稼動する部分の数は、

  • ルービックキューブ: 6 × 1 = 6
  • 12面体パズル: 12 × 4 = 48

 となって、12面体パズルは、約8倍の稼動部を持つと言う事になりますね。稼動部同士のそれぞれの組み合わせにより、難しさは累乗的に増えていくと思われるので、このパズル、一回ばらばらにしたら永遠に戻せないかも。

Petaminx.jpg

 この記事ではパズルの作り方を事細かく説明しています。それにしても細かい仕事ですね。これを作り上げるのに、部品が975個、色のステッカーが1面に付き101枚、合計1212枚必要だそうです。

ルービックキューブ完全攻略公式ガイドブック 保存版
百田 郁夫
永岡書店
売り上げランキング: 65667
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus