Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd - Surgery : USBポート拡張手術

xkcd_title.png

Surgery(外科手術)

surgery.png

©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

患者: While you're doing the surgery, can you also implant this in my arm?
 (手術するついでに、これを僕の腕に埋め込んでくれないか?)

医者: A USB port?
 (USBポートかい?)

患者: Just wire it up to some nerves.
 (これをいくつかの神経と繋いでくれ。)

医者: ...This won't let your brain control USB devices, you know.
 (この手術をしても、君の脳をUSB装置で制御させられないよ。)

患者: Sure - i just want the hardware.
 (そうか。僕はハードウェアになりたい。)

The rest is software; i'm sure there will be a project to patch together support eventually.
 (残りは、ソフトウェアだな。これは最終的に、相互協力による開発プロジェクトになると確信してるよ。)

医者: Ah - you're linux user, I see.
 (あぁ、君はlinuxユーザーでしょ。)

患者: Yeah; How'd you know?
 (そうだよ。どうして分かったの?)

Alt-text: Damn. Not only did he not install it, he sutured a 'Vista-Ready' sticker onto my arm.
 (くそ。言ったとおりインストールしなかっただけじゃなく、腕に"Vista-Ready"のステッカーまでも縫い付けやがった。)

補足

 LinuxとUSBポートの相性は非常に良くない。使えるかどうかは運次第。でも、最近はそうでもないのかな?

 USB給電のための電源は一体どこから取るのだろう?摂食によるバイオ電源かな。

追記(2010.9.17)

 頂いたコメントを参考にして、訳を一部修正しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus