Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

iPhone「太鼓の達人」のバチは、魚肉ソーセージがベストマッチらしい

 iPhone、iPod touchが韓国で発売してる「メクスボン」(マックスボン)と言う魚肉ソーセージで操作出来ることが分かり、韓国でバカ売れしているそうですが、これはそのニュースに関連する動画です。

 動画の中では、魚肉ソーセージを太鼓の達人のバチの代わりとして使用しています。これは面白い。

 iPhoneを操作出来るソーセージに関するニュースは下記です。

 もともと、iPhoneのタッチパネルは、導電性がある人間の皮膚か、専用のタッチペンにしか反応しないようになっているのですが、たまたまこの魚肉ソーセージは、皮膚と同じような伝導性を持っていたため、iPhoneのタッチパネルに反応してしまうそうです。ビニールのフィルムを剥がすと反応しなくなると言うのが面白いところ。

 ちなみに、メクスボンと言う魚肉ソーセージのパッケージは、こんな感じらしいです。

sausage.jpg

 同じタイプの魚肉ソーセージは、探せば日本でも売ってそうな気がしますね。

 メクスボンの他の画像は、韓国名の「???」をgoogleの画像検索で探せば、いくらでも見つかります。

 Google画像検索の直接のリンクは下記です。

 正直、韓国の様に流行ったりしない限りは、通常のiPhone/iPod touch使用の際に魚肉ソーセージをわざわざ使うと言う状況を想像出来ないのですが、でも、太鼓の達人に使うならバチにそっくりだし、まさに打ってつけだと思いました。

 もし、日本にこのソーセージが売っているんだったら、iPhone版の太鼓の達人をダウンロードしようかな、と思いました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus