Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

色々な場所に出没しているウォーリーさんを探してみた

where_is_wally_01.jpg

 GoogleアースやGoogleマップ上に出没させるべく、屋上に設置した巨大ウォーリー。残念ながら、Googleマップ上で見ることは出来ないようです。

 下記が現在のGoogleマップ上での様子。


View Larger Map

 言わずと知れたかの有名な、「ウォーリーをさがせ!」ですが、ウォーリーは、ネット上のあらゆる場所でひそかに出没し、僕らに探してもらえる機会を今や遅しと待っています。

 このまま埋もれていては、せっかく隠れているウォーリーに申し訳ないです。今回はウェブ上で見つける事が出来るウォーリーを時間の許す限り探してみました。

whereiswaldo.jpg

 こちらは、ストリートビューで見れるウォーリー。今現在、まだ見ることが出来ます。


大きな地図で見る


where_is_wally_02.jpg

 ビルの上のウォーリー。これは、現代アート(MoMA)の作品らしいです。

 正解はここ。

where_is_wally_03.jpg


where_is_wally_13.jpg

 最も完璧なウォーリーのコスプレ。


where_is_wally_05.jpg

 悲しげなうしろ姿のウォーリーを発見。これはたぶん、こういう服を着てる人。


where_is_wally_06.jpg

 線路際の壁でウォーリー発見。


where_is_wally_08.jpg

 まれにお腹からも発見されることがあります。


 さて、これはどこに居るでしょうか。

where_is_wally_10.jpg

 こんなキッズウォーリーでした。かわいい。


where_is_wally_07.jpg

 ウォーリーを大量に発見。多すぎて何がなんだか。

 これはクリケットチームのサポーターらしいです。


where_is_wally_11.jpg

 さらに大量に見つかりました。

 これは極めつけ。一箇所に集まったウォーリーの世界記録だそうです。


参照サイト

 特に記載のない写真は、下記からの引用です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus