Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

個性が光る(たまに貧乏くさい)手作りiPhoneケースのアイデア5つ

DIY_iphone_case.jpg

 iPhone/iPod touchを買った人なら、誰もが一度は手に入れたいと考える、個性的でカッコいいiPhoneケースですが、そういったケースは、少々値が張るのが難点です。

 「だったら、自作しちゃえばいいじゃん!」と考えるのが世の常。そんな時に役立つ、自作iPhoneケースのアイデアが下記の記事で紹介されてました。

 以下、個性がきらっと光る(たまに貧乏くさい)自作iPhoneケースのアイデアを画像と共に5つ紹介します。

1. 靴下iPhoneケース

 サイズもぴったりなので、自作にはちょうどよいのですが、明らかに靴下と分かるところが弱点(利点?)かも。ちょっとした裁縫が必要です。使い古しの靴下を使えばエコにもなりますね。上部の口に、ボタンやファスナーを付けると更に良いかも、と元記事には書かれています。


2. 印刷して、切って、折るだけの手作りフェルトiPhoneケース

 下記のテンプレートを使い、フェルト生地でiPhoneのケースを作ります。

 このテンプレートさえ使えば、素材はフェルトに限らず、厚紙やダンボールなどでも作れると思います。そう言った意味でこのテンプレートはかなり使えます。


3. 手作り感あふれる(あふれすぎ)ガムテープで作るiPhoneケース

 CDの透明なプラスチックカバーと、ガムテープ(アメリカ的に言うと「ダクトテープ」)を使って作ったiPhoneケースです。手作り感がありすぎて、街角では逆に注目されること間違いなしです。

 薄めのプラスチックケースなら、静電気を通すので、ケースの上から指で操作することが出来ると記事に書かれています。ちょっと試してみたくなりました。


4. ジュースの紙パックを使って作るiPhoneケース

 これも手作り感があふれすぎている一品。適当に転がしておいたら、iPhoneごと、ゴミと一緒に捨てられてしまうかもしれません。


5. 文庫本くり抜き型、iPhoneケース

 読まなくなった文庫本をくり抜いて、iPhoneのケースにします。このケース、本を開いた時のインパクトはかなりの物ですね。開かないように輪ゴムで止めます。

 ちょっと意味深いタイトルの小説をくり抜いてケースにするのが良いかもしれません。例えば聖書とか。「僕のバイブルはiPhoneだ!」みたいな主張が出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus