Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Book Burning - 電子書籍時代の禁書

 このカテゴリーの記事は、世界で最も人気があるウェブコミックxkcdの最新コミックをひたすら日本語に翻訳していくシリーズです。今回のコミックはこちら。

book_burning.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Book Burning(禁書)

男1: This book is full of heresy!
 (この本は、異教徒の内容で埋め尽くされている!)

男2: Let's hold a book burning!
 (禁書を実行しよう!)

男1: I only have one copy.
 (僕が持ってるのはこの本だけだ。)

男2: I guess we could buy more.
 (買う気にさえなれば、もっと買えるよな。)

男3: I'll look online.
 (俺、ちょっと、ネットを見てくる。)

Hardcover $17.99
 (ハードカバー 17.99ドル)
Kindle edition $9.99
 (キンドル向け 9.99ドル)

[News: Eight dead from toxic fume inhalation.]
 (ニュース:中毒性ガス吸入事件による死者8人)

Alt-text: Of course, since their cautionary tale was reported in a print newspaper, no one read it.
 (もちろん、このような教訓的なニュースを紙で印刷された新聞で報告したとしても、誰も読みません。)

補足

 電子書籍化を皮肉ったコミック。禁書(宗教などの理由により、書籍の出版・販売やそれを読んだりすることを大規模に禁止すること。)を、今の時代にやろうとしても、電子文書がネット中を駆け巡り、コピーが取られまくっているので、どうにもやりようが無い。

 上のコミックでは、本じゃなくて、キンドルを燃やしてしまったが為に、その中毒性のガスを吸って死亡事故が発生した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus