Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Exoplanets - 太陽系外に旅立つ宇宙旅行への気軽な誘い

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリーでどうぞ。

exoplanets.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Exoplanets(太陽系外惑星)

白ハット: Wake up! Wake up!
 (起きて!起きて!)

男: What is it?
 (何さ?)

白ハット: We're alive during the time when they're first discovering other planetary system! They're finding them as fast as they can build new instruments to look for them!
 (太陽系外の他の惑星系を最初に発見する期間内、僕らは生存してるよ!同じくらいの速さで、惑星を探す為の道具が製造出来ることは分かってるんだ!)

And if one of earth's cultures advances its space program enough to start enriching uranium on asteroids, we'll lose the main barrier to restarting project Orion and building nuke-riding city-ships!
 (だから、地球上のどこかの文明が、小惑星でウラン濃縮を始められる十分な宇宙計画を進められるんだったら、僕らは、オリオンプロジェクトを再開して、核を搭載した都市型宇宙船を建築するための主な障害はなくなるよ。)

The only known technology capable of fast interstellar travel could be operational within just a few generations, and we're discovering all these destinations to pick from!
 (短期間での恒星間旅行を可能にする、現在唯一の既知テクノロジーは、たった数世代の間に、運行が可能になるよ。で、僕らは、既に立ち寄れる全ての目的地を発見しているんだ!)

Come on!
 (さあ!いこうよ!)

男: Can i hit "snooze"?
 (「スヌーズ」ボタン、押しても良い?)

白ハット: Okay, but just once!
 (うん、でも一回だけだよ!)

Alt-text: I'm just worried that we'll all leave and you won't get to come along!
 (僕は、僕ら全員がここを去るとき、君は付き合ってくれないだろうと心配してるんだ!)

補足

 太陽系外の惑星系を見つける為の方法を知った白ハットは、その純粋な気持ちから、友人に今すぐ一緒に行こうよ!と誘いを掛ける。ここが既にちょっと変。

 加えて、これほど壮大なる宇宙旅行への誘いなのに、スヌーズを一回押そうとする友人。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus