Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Conditional Risk - 無条件な安全

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリーでどうぞ。

conditional_risk.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Conditional Risk(条件付の危険)

Crack(ギラ!)
Boom(ドーン!)

子供: Whoa! We should get inside!
 (うわ!早く隠れなきゃ!)

老人: It's okay! lightning only kills about 45 Americans a year, so the chances of dying are only one in 7,000,000. Let's go on!
 (大丈夫。雷は1年で45人のアメリカ人を殺すだけだから、死ぬ可能性は700万人に一人だ。このままでいよう。)

[The annual death rate among people who know that statistic is one on six.]
 (この統計を知っている人の年間死亡率は1/6になります。)

Alt-text: 'Dude, wait -- I'm not American! So my risk is basically zero!'
 (「ねえ、まって。僕はアメリカ人じゃないよ。だから、僕の危険性は基本的に0パーセントだね!」)

補足

 何でも知っている風の老人(おそらくは。杖を持ってるからので)が、アメリカ人の雷での年間死亡率は700万分の1だから、雷の前に身をさらしても絶対に大丈夫だと言う。

 その確率が成立するための前提条件を何も知らず、数字だけ鵜呑みにする人が陥る罠。このコミックには、深い示唆が含まれてると思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus