Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Password Reuse - 採取したパスワードを有効に使うのは難しい

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリーでどうぞ。

password_reuse.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Password reuse(パスワードの再利用)

黒ハット: Password entropy is rarely relevant. The real modern danger is password reuse.
 (パスワードエントロピーは、ほとんど関連しない。本当に危険なのは、パスワードの再利用だよ。)

男: How so?
 (何で?)

黒ハット: Set up a web service to do something simple, like image hosting or tweet syndication, so a few million people set up free accounts.
 (例えば、イメージホスティングとかツィートシンジケートみたいな、何か簡単なウェブサービスを準備して、数百万人の人たちが無料のアカウントを申し込むだろ。)

Bam, you've got a few million emails, default usernames, and passwords.
 (そして、数百万の電子メールと、デフォルトユーザー、パスワードを手に出来る。)

Tons of people use one password, strong or not, for most accounts.
 (何トンもの人が多かれ少なかれ、ほとんどのアカウントに対して、1つのパスワードを使ってるんだ。)

[Use the list and some proxies to try automated logins to the 20 or 30 most popular sites, plus banks and PayPal and such.]
 (20か30の最も有名なサイト、それに加えて、銀行やPayPalなんかへ、自動化したログインを試すため、いくつかのプロキシーやリストを使い・・・。)

黒ハット: You've now got a few hundred thousand real identities on a few dozen services, and nobody suspects a thing.
 (かくして君は、今や数十のサービスに対する数十万のアイデンティティーを得る。そして、誰もその事を疑わない。)

男: And then what?
 (それからどうなる?)

黒ハット: Well, that's where i got stuck.
 (そうだな、ここから先が進まない。)

男: You did this?
 (君がこれをやったんだろ?)

黒ハット: Why did you think i hosted so many unprofitable web services?
 (なんで、君は僕が、こんな無益なウェブサービスのホストを立ち上げると思うんだい?)

I could provably net a lot of money, one way or another, if i did things carefully. but research shows more money doesn't make people happier, once they make enough to avoid day-to-day financial stress.
 (もし慎重に事を起こすなら、どっちにしても、たくさんの利益を上げる事が出来るだろうよ。でも、日々の財政的なストレスさえ、十分に回避出来るなら、たくさんのお金が人を幸せにしない事が調査から分かってる。)

I could mess with people endlessly, but i do that already. I could get a political or religious idea out to most of the world, but since March of 1997 i don't really believe in anything.
 (果てしなく人々を鑑賞することはできる。僕は、既にそれをしてる。僕は世界のほとんどの宗教的なアイデア、政治的なアイデアを得る事が出来た。1997年3月から僕は本当に何も信じられない。)

So, here i sit, a puppetmaster who wants nothing from his puppets.
 (そう、彼の操り人形から何も望まれていない人形使いとして、僕はここに座る。)

男: Oh?
 (え?)

黒ハット: It's the same problem Google has.
 (それは、グーグルも持っている同じ問題だ。)

[Google](グーグル)

グーグル従業員(男): Okay, everyone, we control the world's information. Now it's time to turn evil. What's the plan?
 (さー、皆さん。我々は、世界の情報をコントロールします。悪に徹する時です。どんなプランがありますか?)

グーグル従業員(女): Make boatloads of money?
 (大量のお金を作り出しますか?)

グーグル従業員(男): We already do!
 (既に出来てる!)

グーグル従業員(女):Set up a companywide Cod4: Modern warfare tournament each week?
 (世界戦争ゲームを社内にセットアップして、毎週、現代戦争トーナメントでもします?)

グーグル従業員(男):That's not evil!
 (そんなの悪じゃない!)

グーグル従業員(女):Ooh, dibs on the lobby TV!
 (ロビーのテレビの乗っ取り!)

グーグル従業員(男):Okay, we suck at this.
 (よし、これで行こう。)

Alt-text: It'll be hilarious the first few times this happens.
 (事が起こるはじめの数回は、陽気なことが起こるでしょう。)

補足

 今回のコミックは無駄に長く、訳してる間に僕の時間がなくなってきたため、後半の日本語訳がちと荒っぽいかも。ごめん。

 伝えたい事は、パスワードを採取する素晴らしい手段があり、仮にそれが実行できたとしても、有功に使う想像力を持つ事は難しい。多分、くだらないことに使われるだろう。と言う事。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus