Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

都市に隠されたUSBメモリで繋がる「オフライン」ファイル共有プロジェクト

USB_dead_drops.jpg

USB_dead_drops_01.jpg

 誰もが自由に、好きなファイル共有する事が出来る「オフライン」のファイル共有ネットワークが誕生しました。

 これは、アーチストのAram Barthollさんが仕掛けたアートプロジェクト、その名も「dead drops(秘密の受け渡し場所)」です。誰でも自由にファイルをアップロード、ダウンロード出来るように、USBメモリをニューヨークのいたるところに埋め込んでいます。

USB_dead_drops_02.jpg
USB_dead_drops_04.jpg
 こんな場所とか。

USB_dead_drops_03.jpg
USB_dead_drops_05.jpg
 あんな場所とか。

 今回、これまで準備してきたニューヨークにある「秘密の受け渡し場所」が下記の記事でいくつか紹介されました。この記事には、5つのUSBメモリの埋め込み場所がGoogleマップの地図付きで記載されています。

 USBメモリが埋め込まれている場所の詳細な写真はこちらです。(flickrのフォトセット)

 不特定多数の人がUSBメモリを使いまわすので、セキュリティの危険性は十分考慮しなければいけませんが、旅先の宿でふと見つけた落書き帳のようで、なんだか妙にワクワクしてしまいます。新しい可能性を感じさせるプロジェクトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus