Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

Fredo氏による驚くべき3Dペンシルアート

fredo_01.jpg

 「Fredo」と名乗る、チリのサンティアゴ在住のアーティスト(なんと17歳!)により描かれる驚くべき3Dアートの数々です。

 立体的な技法を駆使し、鉛筆のみを使って描かれた絵の周りに様々な実物を置くことで、絵の立体感をさらに高めています。リアリティを出しづらいと思われる鉛筆での画風と、そこから見事に表現される立体感の対比が素晴らしいです。

 Fredo氏のサイトは下記です。

 以下、Fredo氏の秀逸な作品を抜粋し掲載します。

fredo_02.jpg

fredo_03.jpg

fredo_04.jpg

fredo_05.jpg

fredo_06.jpg

fredo_07.jpg

fredo_08.jpg

fredo_09.jpg

fredo_10.jpg

 その他の作品は、Fredo氏のサイトから閲覧できます。

追記(2010.11.17)

 この記事を投稿した時には知り得なかった、Fredo氏についての情報を追加します。下記の記事では、Fredo氏に直接インタビューした際の短いやり取りが書かれています。

 この記事によると、Fredo氏は現在17歳。「いつから絵を描き始めたのか?」と言う質問に対して、「生涯に渡って絵を描いているが、創作の『頂点』は2005年だった。」と答えています。

 2005年が頂点って。12歳じゃないですか。・・・絶句。

 絵を書き上げる時間は、場合によりけりで、 30分の時もあるし、1カ月の時もあるそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus