Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: One-Liners - 気の利いたジョークに使いそうな専門用語

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリーでどうぞ。

one_liners.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

One-Liners(ジョーク)

[Probability of phrases becoming action movie one-liners:]
 (アクション映画の気の利いた冗談として言いそうなフレーズの可能性:)

← More likely
 (左に行くほど、あり得そう)
Less likely→
 (右に行くほど、あり得そうに無い)

女: You're going down the memory hole now, asshole.
 (「データ抹消」されやがれ。このやろう。)

男: Hey! You forgot to carry the two.
 (おい!2の繰り上がりを忘れただろ!)

女: Look like the fed just lowered the interest rate.
 (金利レートを下げたばっかりの連邦政府みたいね!)

男: Guess you should've scrolled all the way to the bottom before clicking "agree."
 (「同意」をクリックする前に、最後までスクロールしておくべきなんだ。だろ?)

女: Bangarang, motherfucker.
 (「バンガラン」、覚悟しろ。)

Alt-text: 'Upgrade to the latest version of Adobe Flash player to view THIS content, bitch.' ::triggers detonator::
 (「AdobeのFlashプレーヤーの最新版にアップグレードして、この内容を見ろ、このあま。」[起爆装置起動])

補足

 アクション映画内で、気の利いたジョークとして使われそうな文書の羅列が、ありえそうな順からランク付けされて並べられている。

 一応訳したけど、分からないのがいくつかある。2コマ目と3コマ目とか。訳は合ってると思うけど、引用元が不明。まぁ、それほど深い意味は無いのかもしれない。

 5コマ目のbangarangは、Linuxで使うKDE用の軽量マルチメディアプレーヤらしい。たぶん、響きが良いと言うだけで、このコマに持ってきたような気がする。

追記(2010.11.3)

 頂いたコメントを参考に訳を変更しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus