Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

部屋の「中」に作られた個人用の立方体2階建てスペース

cube_01.jpg
cube_02.jpg

 カリフォルニア州オークランドに住む風水師Feng Shuiさんの自宅の『中』に作られた個人用のコンパクトなロフトスペースです。この2階建ての限られたスペースの中に勉強部屋と寝室、そして屋根の待合室があり、それらは完全に分離されています。また、階段には靴箱が備え付けてあるそうで、非常に細かいところまで配慮が行き届いています。

 この部屋の中のロフトスペース「Cube」の紹介サイトはこちらです。

 実際に使用している様子を紹介した記事はこちら。

 この2階建てロフトスペースのサイズは、8フィート(約2.4m)の立方体です。部屋の中の配置図と、Cubeの間取りはこうなってます。

cube_05.jpg

 上記のサイトから画像を掲載します。

cube_03.jpg

cube_04.jpg

 このコンパクトさと発想は、いかにも日本向きです。日本でも同じようなコンセプトで売り出したら、そこそこヒットするんじゃないでしょうか。

 それにしてもこの佇まい、素敵過ぎます。記事によると、ロフトの休憩スペースで立ち上がると頭をぶつけてしまうそうですが、小さいところに押し込められている感覚がまた良いです。

追記(2011.2.23)

 日本の住宅でこれが設置出来る天井高を持つ家はあまり無いんじゃないか、と言うTwitterのコメントを読みました。

 ...哀しいかな、全くその通りですね。日本で売り出すには、日本の部屋に合わせて、更なるコンパクト化が必要かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus