Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Major in the Universe - 「万物」専攻

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

major_in_the_universe.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Major in the Universe(「万物」専攻)

男: How can I pick major?
 (専攻ってどうやって選べば良いの?)

I'm interested in everything!
 (僕はあらゆるものに興味があるんだ!)

Can't I major in "The universe"?
 (「万物」を専攻することって出来ないの?)

教授: Okay. First, I'll need papers on every European trade summit that did not result in an agreement.
 (分かったわ。まず、合意に至らなかった全てのヨーロッパのトレードサミットに関するレポートが必要ね。)

Then, spend a year memorizing every microprocessor instruction set ever used in a production chip.
 (それから、チップ上の生産でこれまでに使われたあらゆるマイクロプロセッサーの命令セットの記憶に1年間を費やすこと。)

男: What I meant was I just want to read Malcolm Gladwell books and drink.
 (僕が言いたいのは、マルコム・グラッドウェルの本を読んで、飲みたいって事だったんだけど・・・。)

教授: We all do, sweetie.
 (みんなそうよ。)

Alt-text: I hear Steven Levitt is writing a book analyzing A.J. Jacobs' quest to spend a year reading everything Malcolm Gladwell ever wrote. The audiobook will be narrated by Robert Krulwich of Radiolab.
 (僕は、Steven LevittがA.Jを分析する本を書いていると聞いてます。マルコム・グッドウィルがこれまでに書いた全ての本を読むことに1年を費やすJacobsの冒険物。オーディオブックは、RadiolabのRobert Krulwichによって声が入れられます。 )

補足

 あらゆる物に興味がある学生が、万物(The Universe)を専攻することに決め、教授、もしくは、大学の事務員が「万物」専攻とは実際、どういう事をするのか教える。それを聞いた学生は、本当は何をしたかったのかを白状する。

 僕自身、マルコム・グラッドウェルの著作を読んでいないのでオチが今ひとつ掴めていないのだけど、読みたい本を読むだけと言う専攻は無いというのだけは分かる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus