Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Advertising - 広告に関するいくつかの意見

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

mathematically_annoying.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Advertising(広告)

[Mathematically annoying advertising:](数学的に腹立たしい広告:)

[A ∪ B = { X : X <= 15 or X > 15 } = IR]

When discussing real numbers, it is impossible to get more vague than "up to 15% or more."
 (実数を議論する時、「最高15%、もしくは、それ以上」もより曖昧な事はありません。)

If someone has paid $X to have the word "free" typeset for you and N other people to read, their expected value for the money that will move from you to them is at last $ X/(N+1).
 (誰かが、あなたとN人の為に「無料」と言う言葉を使って、Xドル払わせたならば、あなたから彼らへ移動するであろうお金に対する期待値は少なくとも$X/(N+1)となります。)

It would be difficult for the phrase "the more you spend the more you save" to be more wrong.
 (「お金を費やせば、より節約が出来る」というフレーズが完全に間違ってるとは言い切れないでしょう。)

Alt-text: I remember the exact moment in my childhood when I realized, while reading a flyer, that nobody would ever spend money solely to tell me they wanted to give me something for nothing. It's a much more vivid memory than the (related) parental Santa talk.
 (張り紙広告を読んで、「無料な物を僕にくれる」と伝える為だけに、だれもお金を使わないだろうと理解した瞬間の幼児期の記憶を正確に覚えています。それは、(関連のある)親から告げられたサンタ話よりもより鮮明な記憶です。)

補足

 「最高15%か、それ以上の割引を受けられます」と言う宣伝文句は数学的に言うと全てのパーセントをカバーしてしまうので、曖昧すぎて意味が全くない。

 など、広告に関するいくつかの意見が書かれたコミック。

2011.3.10追記

 誤訳が有りましたので、一部訳文を修正しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus