Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Trapped - 「脳」自体が発する言葉

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

trapped.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Trapped(囚われの身)

男: Hello? 911? I'm trapped!
 (もしもし?911か?今、身動きがとれないんだ!)

It's dark and I can't see anything except these two distorted splotches of light!
 (真っ暗闇で、歪んだ2つの光の斑点以外は何も見えない!)

Help!
 (助けてくれ!)

オペレーター: Splotches of light? Your ... eyeball?
 (光の斑点?それは...あなたの眼球?)

I think that's what they are! There's meat everywhere!
 (眼球だと、そうなると思います!周りは肉だらけですからね!)

... So you're a brain.
 (そうか、あなたは「脳」ですね。)

男: Yes!
 (なるほど!)

オペレーター: Yeah, we all are. You're not trapped. Use your body to walk around and experience reality.
 (そうですよ、みんな同じです。あなたは身動きが取れない訳じゃないんです。歩きまわって、現実を体験するために、あなたの体を使ってください。)

男: But everything's just signals in my sensory cortices! How can I be sure they correspond to an external world?!
 (でも、全ては、僕の感覚皮質からの信号だ。どうやったら、僕が外界と一致していることが確かめられるんだ?)

オペレーター: I'm sorry, but we can't send a search-and-rescue team into Plato's cave.
 (申し訳ありません。でも、我々は捜索・救出チームをプラトンの洞窟の中に派遣することは出来ません。)

Alt-text: Socrates could've saved himself a lot of trouble if he'd just brought a flashlight, tranquilizer gun, and a bunch of rescue harnesses.
 (彼が今、懐中電灯、麻酔銃、そして、たくさんの救出ハーネスを持っていれば、ソクラテスは自分自身の大半のトラブルを防ぐことが出来たかもしれない。)

補足

 男が「身動きが取れない。助けてくれ!」と、110番通報するが、それは実は脳自体が発する言葉だったと言う話。

 「プラトンの洞窟」については下記を参照。

そこには洞窟の中で入口に背を向けて、奥の壁を見たまま縛りつけられている囚人がいます。そして背後には火が燃えていて、その光が彼らの後ろから照らしています。洞窟の壁に見えるものは、人形遣いが運ぶ繰り人形の影にすぎないのですが、彼らはそれが真実で自分の世界であると思い込んでいます。しかし、彼らが束縛から解かれて洞窟の外に出たならば、そこにあるものやそれを照らす太陽を知り、洞窟の中の世界が真実ではないことに気がつきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus