Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

自分の存在の小ささを感じる「宇宙全体からの我々の位置」(画像)

地球
universe_01.jpg

 宇宙全体から見て、私たちはどの辺の位置に居るのかを表した「観測可能な宇宙」の画像です。この先に掲載した画像を見ていく程に、「宇宙に比べたら、自分はなんてちっぽけな存在なんだ。」と言う事を感じてしまいます。もしかしたら、今抱えている小さい悩みも吹き飛んでいくかもしれません。

太陽系
universe_02.jpg

太陽から近い恒星
universe_03.jpg

天の川銀河
universe_04.jpg

局地的銀河グループ
universe_05.jpg

乙女座超銀河団
universe_06.jpg

局地的超銀河団
universe_07.jpg

観測可能な宇宙
universe_08.jpg

 拡大画像は下記です。より詳細に見たい方はこちらをどうぞ。

 Wikipediaの「観測可能な宇宙」記事によると、可視出来る宇宙の大きさは、直径約28ギガパーセク(約930億光年)の球体だそうです。光が宇宙の端から端まで到達するのに930億年掛かると言う事ですか。ビックスケール過ぎて訳がわかりません。

 参照元の掲示板はこちら。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus