Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Null Hypothesis - 帰無仮説の帰無な杞憂

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

null_hypothesis.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Null Hypothesis(帰無仮説)

I can't believe schools are still teaching kids about the null hypothesis.
 (学校で子供たちにまだ帰無仮説を教えてるなんて、信じられないよ。)

I remember reading a big study that conclusively disproved it years ago.
 (僕は、数年前に決定的な反証を挙げた、大規模な研究を読んだことがあるよ。)

Alt-text: Hell, my eighth grade science class managed to conclusively reject it just based on a classroom experiment. It's pretty sad to hear about million-dollar research teams who can't even manage that.
 (地獄だ。僕の8グレードの科学授業は、教室実験に基づいて、なんとか最終的には拒絶する事が出来た。それすらも出来ていない100万ドルの研究チームについて聞かされ、かなり悲しい感じを持っている。)

補足

 まず仮説を立てて、その仮説を実験観察により検証、または反証を行い、最終的に棄却される仮説がこの帰無仮説。

 コミック中で主人公は、この帰無仮説が確率論で使われる一連の手順ではなく、本当に研究が行われている一つのテーマだと思っているらしい。そして、その研究に巨費が投じられている事を嘆く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus