Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Recycling - リサイクルセンターの人が思っている事

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

recycling.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Recycling(リサイクル)

This guy tears the labels off his cans, so he clearly understands they're going to be sorted somewhere -
 (こいつは、缶からラベルを剥がしているんだから、明らかに、どこかでゴミの仕分けをしていることを意識しているはず...。)

Yet in the same batch he includes a bottle with like an ounce of congealed juice in it.
 (でも、同じゴミの中にあるビンに、ジュースの固まりみたいのも入っちゃってる。)

What an asshole.
 (なんて、マヌケなんだ。)

[I worry a lot about what the people at the recycling center think of me.]
 (リサイクルセンターの人が僕をどう思っているか、とても気がかりだ。)

Alt-text: And given how much of my stuff they go through, they definitely know where I live.
 (それに、彼らの前を通り抜けた僕の物がたくさんあることを考えると、僕がどこに住んでいるのか、確実に知っています。)

補足

 リサイクルセンターの仕分け作業員がベルトコンベアーのゴミを見ながら考えてる事。もしかしたら、リサイクルセンターの人は僕らが思っているよりも多く、色々な事を知っているのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus