Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Teaching Physics - 物理の教え方

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

teaching_physics.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Teaching Physics(物理を教える事)

教師: Understanding gravity: Space-time is like a rubber sheet. Massive objects distort the sheet, and -
 (「重力」の理解:時空とは、ゴムシートのような物です。巨大な物体はシートを歪めます。そして...。)

生徒: Wait.
 (待って。)

They distort it because they're pulled down by ... what?
 (何に引っ張られて、時空は歪むの?)

教師: Sigh.
 (はぁ。(ため息))

教師: Space-time is like this set of equations, for which any analogy must be an approximation.
 (時空とは、どんな類推も近似でなけれならない、この方程式の組み合わせみたいな物です。)

生徒: Boooooring.
 (つまんなーーーーーい。)

Alt-text: Space-time is like some simple and familiar system which is both intuitively understandable and precisely analogous, and if I were Richard Feynman I'd be able to come up with it.
 (時空とは、直観的に理解でき、正確に類似している、単純で親しみやすいシステムみたいなものであり、そして、僕がリチャード ・ファインマンだったら、その説明を見つけ出すことが出来るだろう。)

補足

 ゴムシートと言う比喩と図を使って、物理を解りやすく説明しようとする教師。だが、生徒によってはそれが逆に分かりづらい。今度は数式を使って説明しようとするが、今度は退屈と不評を買ってしまう。

 リチャード・ファインマンはアメリカの物理学者。経路積分という新しい量子化の手法を考案した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus