Twitter | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

トップページ > 2011年8月アーカイブ

xkcd: Empirical - 実験的結婚

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

empirical.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Empirica(経験主義)

女: Will you marry me?
 (私と結婚してくれる?)

男: Let's find out!
 (調査してみよう!)

男: Apparently, yes!
 (イエスで良さそう!)

Alt-text: I'm as surprised as you!
 (僕だって、君と同じくらい驚いたよ!)

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネコと犬のにらみ合い、勝つのはどっち?(動画)

cat_and_dog_showdown.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

サウスダコタの天の川と嵐が作り出す空の微速度撮影映像

Tempest_Milky_Way_01.jpg
Tempest_Milky_Way_02.jpg
Tempest_Milky_Way.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

車の爆発で火の粉を顔に浴びる消防士(動画)

car_explosion.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

xkcd: Juggling - 球が落下しないジャグリング

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

juggling.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Juggling(ジャグリング)

Alt-text: Later: 'Why is there a book hovering over the trash can?'
 (その後: 『なんで、本がゴミ箱の上でホバリングしてるんだ?』)

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1500枚の写真を持った500人による100秒間のストップモーションビデオ

500people_100sec.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の成長に見る犬種の違い(画像)

growing_dog.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

「だるまさんがころんだ」犬(動画)

ninja_CORGI.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーの種類を一発で理解するためのインフォグラフィックス(画像)

Coffee_Type_Venn_Diagram.jpg

Americano(アメリカン)
Mochaccino(モカチーノ)
Hot Chocolate(ホットチョコレート)
Au Lait(オレ)
Latte(ラテ)
Cappuccino(カプチーノ)
Macchiato(マキアート)
Espresso(エスプレッソ)

Coffee(コーヒー) Milk(牛乳) Water(水) Foam(泡) Chocolate(チョコレート)

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

xkcd: Depth Perception - 巨人の奥行き感覚を得る実験

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

depth_perception.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Depth Perception(奥行き感覚)

[I've always had trouble with the size of clouds.]
 (僕は雲の大きさを掴むのに、いつも苦労していた。)

[I know they're huge. I can see their shapes.]
 (雲が巨大である事は知ってる。雲の形を眺める事は出来るんだ。)

[But I don't really see them as objects on the same scale as tree and buildings.]
 (しかし、雲を木や建物と同じスケールの物で見ることはまずない。)

[They're a backdrop.]
 (雲は背景だ。)

[Stars are the same way.]
 (星も同じ事。)

I know they're scattereded through an endless ocean, but my gut insists they're a painting on a domed ceiling.
 (星が果てしない海の向こうに散らばっている事を知っている。しかし、僕の体はそれらが半球の形をした天井の絵であると主張してくる。)

[If I try hard enough, I get a glimmer of depth, a dizzying sense of space, but then everything snaps back.]
 (僕は、一生懸命になり、深さの微かな光(めまいがするような空間感覚)を感じようとするが、全ては元へと戻ってしまう。)

[So one summer afternoon]
 (そこで、ある夏の昼下がり、)

[I set up two hd webcams hundreds of feet apart, pointed them at the sky, and fed one stream to each of my eyes.]
 (数百フィートの間隔で、2つのHDカメラを空に向け設置し、そして、僕の目それぞれの視線に映像を投影してみた。)

[The parallax expanded my depth perception by a thousand times, and I stood in my living room at the bottom on an abyss]
 (その視差により、僕の奥行き間隔は1000倍に拡大した。そして、僕は深い谷の底にあるリビングループに立っていた。)

[Watching mountains drift by.]
 (漂う山々を見ながら。)

Alt-text: I've looked at clouds from both sides now.
 (僕はその時、両側から雲を見つめた。)

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加