Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Chin-Up Bar - エスカレーターに鉄棒

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

chin_up_bar.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Chin-Up Bar(鉄棒)

男: This is a long escalator.
 (長いエスカレーターだね。)

黒ハット: 70 meters. Longest in the country.
 (70メートルある。この国で一番長い。)

男: Why're you carrying a chin-up bar?
 (なんで、鉄棒を持ち歩いてるの?)

黒ハット: Why aren't you wearing a hat?
 (なぜ君は、帽子をかぶらないんだ?)

男: I'm not really a hat person.
 (僕は別に「帽子の人」じゃないから。)

黒ハット: And I'm not really a not-carrying-a-chin-up-bar person.
 (じゃ、俺は、別に「鉄棒を持ち歩かない人」じゃないからさ。)

男: seriously, why did you bring it?
 (真面目な話、なんでそれ持ってきたの?)

黒ハット: how should I know? I'm not a psychologist.
 (そんなの知らない。俺は、心理学者じゃない。)

[twist click click]
 (クルッ、クリクリ...)

Alt-text: Those few who escaped found the emergency cutoff box disabled. The stampede lasted two hours and reached the bottom three times.
 (逃げた何人かは、非常用遮断ボックスが使用不能であるのを発見した。人々の殺到は2時間続き、3回下部に達した。)

補足

 どす黒い事しか考えない「黒ハット」が引き起こす事件に関するコミック。黒ハットはなぜこのような事件を起こすのか。それは彼が「黒ハット」だから、としか言いようがない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus