Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Every Major's Terrible - どの専攻もひどい

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

every_majors_terrible.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Every Major's Terrible(あらゆる専攻のひどさ)

[Every Major's Terrible to the tune of Gilbert & Sullvan's Modern Major-General song]
 (ギルバートとサリヴァンの「Modern Major-General(近代の少将)」の音楽に合わせた「Every Major's Terrible」)

(Which you may know from Tom Lehrer's elements. if not, just hum Supercalifragilisticexpialidocious.
 (これを「トム・レーラーの元素」から知っているかもしれません。もしそうじゃなかったら、「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」を鼻歌で歌ってみて。)

Alt-text: Someday I'll be the first to get a Ph. D in 'Undeclared'.
 (いつか、「無申告」の博士号を最初に取るよ。)

補足

 ギルバートとサリヴァンのオペラで歌われる有名な楽曲「I Am the Very Model of a Modern Major-General」を参考にして、大学の色々な専攻を替え歌にしたもの。コミック中の歌詞の日本語訳は、GW明けで心が折れてるので省略。

 元の歌(Modern Major-General)の和訳は以下よりどうぞ。

 「Tom Lehrer's elements(トム・レーラーの元素)」はこちら

 「Supercalifragilisticexpialidocious(スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス)」は、映画「メリー・ポピンズ」の劇中で歌われる楽曲の名前。これも早口で一気にまくし立てる歌。

 有志により作成されたこの歌を録音した映像は以下より。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus