Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

冷えたバターをパンに塗る為の「発熱するバターナイフ」(動画)

Toastie_Knife.jpg

 これ、地味に欲しいかも。冷蔵庫で冷やしておいたバターをパンの上に塗る時、固まりからバターがこそぎ取れなかったり、パンの上にうまく広げられないという経験は誰しもあると思います。

 このナイフは、その問題を解決するため考案された「発熱するバターナイフ」です。バターを塗る最適の温度は、研究によると41.8度だそうで、ナイフのハンドルにあるボタンを押すことにより、バターが溶ける温度までナイフの部分が発熱します。以下、製品紹介の動画です。

 発熱は電池駆動で、ハンドルのLEDにより発熱状態であることが分かるそうです。41.8度って言う温度が絶妙ですね。熱いお風呂ぐらいなので、うっかり触ってやけどって事もないと思います。

 まだコンセプトデザインの段階みたいですが、ぜひとも商品化して欲しいです。やっぱりパンは、マーガリンじゃなくて、溶けたバターを塗って食べたいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus