Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Alphabet - ややこしい口説き文句

  • このカテゴリーでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

alphabet.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Alphabet(アルファベット)

男: Baby, if I could rearrange the alphabet, I'd forget about you in a heartbeat.
 (あぁ、もしアルファベットを並び替え出来るんだったら、僕は一瞬で君を忘れられるのに。)

I'm not gonna waste my one chance to help fix the mess that is english orthography.
 (僕はオーソグラフィーの面倒さを直す手助けの為に取ってある、この唯一のチャンスをここで使いたくないんだ。)

Alt-text: Do I get to remove letters entirely? Or just rearrange them? Because the 'k/c' situation is ridiculous. Look, we can make out whenever. This is *immortality*!
 (僕は、完全に文字を消そうとしてるのか?もしくは、単に並び替えるのか?だって、その「k/c」の状況はおかしいんだ。見て。僕らは、いつだって出来るんだ。これは【不滅】だ!)

補足

 「もし、アルファベットを並び替える事が出来るなら、君の存在(名前)を今すぐにでも忘れられるのに。でも、並び替えの唯一のチャンスは、別の大事な事の為に取ってあるので、今、並び替えは出来ない。だから、君を忘れることなんて出来ない。」と言う、ややこしい口説き文句。

 Alt-textは、意味がつかめず。「k/c」の話なので、このコミック「XKCD」のことを言っているのだと思うのだけども。オーソグラフィー的に言うと、kcが隣り合ってはいけないって事かな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus