Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳  > Formal Languages - 形式言語と文脈自由文法

Formal Languages - 形式言語と文脈自由文法

  • このカテゴリーでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

formal_languages.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Formal Languages(形式言語)

[10th Annual symposium on formal languages]
 (形式言語、10周年記念シンポジウム)

男: Grammar!
 (文法!)

Alt-text: [audience looks around] 'What just happened?' 'There must be some context we're missing.'
 ([観衆が辺りを見回す。]「何が起こったんだ?」「我々が見過ごしたなんらかの文脈があるに違いない。」)

補足

 形式言語の記念講演で、男は前後関係を無視して「文法!」と叫ぶ。このように前後関係(文脈)を全く意識しない言語を、文脈自由文法と言う。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング