Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳  > Interview - 立場が逆転するアタッシュケース

Interview - 立場が逆転するアタッシュケース

  • このカテゴリーでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

interview.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Interview(インタビュー)

男: But thank you for applying. We'll keep your resume on file.
 (でも、応募してくれたのは、うれしいよ。履歴書はファイルに綴じておくから。)

黒ハット: Perhaps this could change you mind?
 (なら、これで考えなおしてくれるかい?)

[click](カチャ)

[thump](ストン)

黒ハット: But thank you for applying. We'll keep your resume on file.
 (でも、応募してくれたのは、うれしいよ。履歴書はファイルに綴じておくから。)

男: Perhaps this could change you mind?
 (なら、これで考えなおしてくれるかい?)

[click](カチャ)

黒ハット: I'm sorry...
 (申し訳ないが...)

...That opening has been filled.
 (...その欠員は、もういっぱいなんだ。)

Alt-text: Hey, before you go, can you explain to me what job I now have?
 (なぁ、立ち去る前に、今僕はどんな仕事を持っているのか、説明してくれないか?)

補足

 応募した採用面接で、落とされそうになる黒ハットが、賄賂を匂わすアタッシュケースを取り出す。開けようとした面接官は、その罠にはまり、立場が逆転する亜空間へと落ちていく、と言う話。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング