Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

西オーストラリア平原のASKAP電波望遠鏡と星空の微速度撮影映像

ASKAP_01.jpg
ASKAP_02.jpg

 西オーストラリア奥地の平原に建築された、新しい電波望遠鏡「ASKAP(Australian Square Kilometre Array Pathfinder)」と共に撮影された、星空の微速度撮影映像です。このASKAP電波望遠鏡は、およそ4,000平方メートルの面積に配置されており、36機の電波望遠鏡が連動して動きます。

 ...と言った電波望遠鏡の説明はさておき、どちらかといえば、この映像は星空の美しさがメインです。とにかく星空の美しさを見てください!

 映像的な加工も多少はあると思いますが、こんな星空を見ることが出来る場所がこの世に存在するなんて、驚きです。「落ちてくるかのような星空」とはまさにこのことでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus