Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Proof - ゼノンの証明

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 古い翻訳記事(2009年01月14日?2012年12月末まで)は、xkcdカテゴリから。
  • 2013年度の翻訳記事は、xkcd(2013年)。2014年度の翻訳記事は、xkcd(2014年)です。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

proof.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Proof(証明)

ゼノン(弁護士): My client couldn't have killed anyone with this arrow, and I can prove it!
 (私の被告人は、この矢で誰も殺すことが出来ませんでした。それを私は証明出来ます!)

裁判官: I'd like to examine your proof, Zeno. You may approach the bench.
 (ゼノンくん、その証明を確認してみたいので、裁判官席まで来ていただけませんか?)

ゼノン(弁護士): -But never reach it!
 (いえ、たどり着けません!)

Alt-text: The prosecution calls Gottfried Leibniz.
 (その裁判はゴットフリード・ウィルヘルム・ライプニッツを召喚する(ことになる)。)

補足

 ゼノンのパラドックスに関するコミック。ゼノンの話はWikipedia記事上の「飛んでいる矢は止まっている」と関連し、裁判官の話は、「二分法」とそれぞれ紐付いている。ゼノンと裁判官、双方の言う事が成し遂げられなければ、証明は成立しない。

2013.1.5追記

 コメントを参考に訳文を変更しました。ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus