Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Workflow - 作業の妨げ

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 過去の翻訳記事はxkcdカテゴリから。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

workflow.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Workflow(作業の流れ)

Changes in version 10.17:
 (バージョン10.17における変更点:)

The CPU no longer overheats when you hold down spacebar.
 (スペースバーを押し続けるとCPUがオーバーヒートする不具合を解消しました。)

[Comment:]
 (コメント:)

Longtime User4 writes:
 (Longtime User4の書き込み:)

This update broke my workflow! My control key is hard to reach, so I hold spacebar instead, and I configured Emacs to interpret a rapid temperature rise as "Control".
 (このアップデートは、仕事の流れを破壊しました!私のコントロールキーは、手が伸ばしづらいので、代わりにスペースバーを使っています。そして、CPUの急な温度上昇をCtrlキーの入力として認識させるようにEmacsを設定してたんです。)

Admin writes:
 (Adminの書き込み:)

That's horrifying.
 (それは恐ろしい。)

Longtime User4 writes:
 (Longtime User4の書き込み:)

Look, my setup works for me. Just add an option to reenable spacebar heating.
 (この設定は僕専用です。スペースバーの発熱を再設定するためのオプションを加えてくれるだけでよいです。)

[Every change breaks someones workflow.]
 (変更はどんなものでも、誰かのワークフローを壊す。)

Alt-text: There are probably children out there holding down spacebar to stay warm in the winter! YOUR UPDATE MURDERS CHILDREN
 (暖を取るために、スペースバーを押し続けている子供がどこかにいるかもしれません。あなたの最新版は子供を殺します。)

補足

 スペースバーを押し続けるとCPUがオーバーヒートすると言う不具合をアップデートにより解消したが、Ctrlキーをスペースキーに変えて、スペースキーの長押しにより、CPU温度が上昇し、温度センサを経て、最終的にEmacsがCtrlキー入力として認識、と言う非常にややこしい使用方法をしていた変態的なユーザーに苦情を訴えられる。

2013.2.12追記

 頂いたコメントを参考に訳文を一部変更しました。

 Ctrlキーをスペースバーに変えて、Emacsで「CPUの温度上昇」を「Ctrlキー」の入力として認識させるように設定って事は、こんな感じで仕事してたって事ですかね。この辺が理解できてませんでした。

[Space]([Ctrl]として機能)→ 発熱しない
[Ctrl]([Space]として機能)→ 発熱する

2013.2.12更に追記

 コメントを再度頂き、補足も修正しました。何度もありがとです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus