Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

キューとボールを検知し、突いたボールの進路を投影するビリヤード台(動画)

PoolLiveAid.jpg

 「PoolLiveAid」は、ポルトガルのアルガルヴェ大学で行われているビリヤード台を使った研究プロジェクトです。ビリヤード台上のキューとボール、そして、テーブルの位置をリアルタイムで検知し、キューで突いたボールの行き先を予測します。また、その経路をプロジェクターで分かりやすく投影します。

 手の微妙な揺れが、投影された予測経路へとリアルタイムに反映されている事がよく分かります。

 このビリヤード台でゲームをやったら凄く楽しそうですが、本来の面白さは半減するかもしれません。たぶん、この台を使って行うゲームはビリヤードのようでビリヤードではない、新しいゲームなんだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus