Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Encoding - 無茶な指令

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 過去の翻訳記事はxkcdカテゴリから。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

encoding.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Encoding(エンコード)

男: No, the combining diacritics go over the interrobang!
 (そうじゃない、結合ダイアクリティカルマークは、感嘆修辞疑問符の上に来るんだ!)

女: Oh jeez, I think he's lost control.
 (あらら、彼は制御を失ったと思うわ。)

[The skywriter we hired has terrible Unicode support.]
 (僕らが雇った空中文字ライターは、ユニコードサポートがひどい。)

Alt-text: I don't see how; the C0 block is right there at the beginning.
 (どうして制御を失ったのかわからないよ。C0ブロックは最初にあるのに。)

補足

 飛行機で文字を書かせるのに、ユニコードを使うことにした主人公たち。発音記号などで付加される、ダイアクリティカルマークを書かせることが出来ず苦労する。
 ユニコードでは、上記の文字は、2つのユニコードを続けて記述することにより1つの文字を表現するので、表記上では後戻りが発生する。コンピュータなら後戻りして文字の上に負荷することが出来るけど、飛行機じゃ到底無理。
 Alt-textにあるC0ブロックは、ユニコードにおける制御文字のコードブロック。

2013.5.11追記

 コメントを参考に訳文を変更しました。alt-textの面白さは、制御文字を初めに付けていたのに、何で制御を失うんだ?おかしいじゃないかって事のようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus