Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Sticks and Stones - 棒と石と言葉

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 過去の翻訳記事はxkcdカテゴリから。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

sticks_and_stones.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Sticks and Stones(棒と石)

子供: Did you hear what he said about me?
 (あいつが僕について言ったこと、聞いた?)

男: Well, remember: sticks and stones may break my bones, but words--
 (まぁ、覚えておけ。「棒と石は、骨を砕くかもしれない。でも、言葉は...)

子供: -- the words can make someone else feel happy or sad,
 (...他人を幸せに、もしくは、悲しい気持ちにさせる事が出来る。)
Which is literally the only thing that matters in this stupid world?
 (これが、本当にこの愚かな世界で、唯一の大切な事」でしょ?)

子供: Right?
 (ね?)
男: The world isn't that bad.
 (この世界はそれほどひどくないよ。)
子供: explain the line about sticks and stones?
 (棒と石の事、説明する?)
男: ...OK, maybe it's kind of horrific.
 (...やっぱり、ちょっと恐ろしいかもな。)
Alt-text: Sticks and stones may break my bones, but words can make me think I deserved it.
 (棒と石は私の骨を折るかもしれない。しかし言葉は、それに値したと考えさせる事が出来る。)

補足

 以下のことわざを元に、親子で会話をしている。

Sticks and stones will break my bones
棒と石は、私の骨を折ります
But words will never hurt me.
しかし、言葉は、私を傷つけません。

 もともとの意味は、「行動を伴わない嘲りは実害を与えないから、気にするな」って事らしい。でも実際は、投げかけられる言葉はすごく重要。

2013.5.25追記

 コメントを参考に訳文を変更しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus