Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

クレーターレイクで観測された磁気嵐による低緯度オーロラ(動画)

Without_Warning.jpg

 2013年5月31日、オレゴン州のクレーターレイク国立公園で観測された磁気嵐による低緯度オーロラを撮影した微速度撮影映像です。

 この映像では、地平線から湧き上がるように美しく発光するオーロラに加え、天空を左右に横切る国際宇宙ステーションの軌跡も同時に見ることが出来ます。

 僕は、「低緯度オーロラ」と言う言葉を今まで聞いたことがありませんでした。低緯度オーロラについては以下の記事が詳しいようです。

 以下、引用。

オーロラは通常、アラスカ、カナダ、シベリア、スカンジナビア、グリーンランド、南極大陸など、高緯度地方で見られますが、「磁気嵐」と呼ばれる地磁気擾乱が激しく起きたときは、日本のような低緯度でも見られます。

 映像で通常見ることが出来るオーロラとは全く違う趣で、こちらも素晴らしいですね。一般人が狙って見ることは難しそうなので、もう一度映像を眺めてうっとりしようと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus